読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

東野圭吾さんの「ラプラスの魔女」を読みました。

今回読んだのは、東野圭吾さんの「ラプラスの魔女」です。

古い本ではありますが、図書館で、タイトルに惹かれて借りてきました。

ラプラスの魔自体は、他の本で読んでいて知っていたんですが、どういう風にストーリーに関わってくるのかと、ドキドキしながら読みました。

ラプラスの魔女

 

まず、ヒロインが母を亡くす所から、話は始まります。

ヒロインは、変わった感性の持ち主でしたが、不思議な力がありました。

それは、必ず予測できるということ。

ある山で映画監督が亡くなった事件。

硫化水素による事故死と片付けられましたが、その後もまた、同じように違う山で事故死が相次ぎ、警察は捜査に乗りだします。

それを助けてくれたのが、ある男性教授。

警察が手を引いてからも、一人の警察官は、この事件を追うことを決めます。

ヒロインは、ある男性を助けたくて…

硫化水素での自殺事件と片付けられていた、ある事件。

その遺族の男性のブログでの書き込み。

たった一人残った息子の失踪と、事件の関連性は?

嘘を並べて同情を誘おうとしたばかりか、家族を殺害した犯人。

でも、ヒロインは、重ねて罪を重ねようとする、ある男性を何とか思いとどまらせるために、教授と一緒に彼氏を探します。

ヒロインは、自ら望んでラプラスの魔女になったとの件では、すごいと思うと共に、これってマッドドクターと言えるのかな?と複雑な気持ちになりました。

あらゆる事象を予測できるのって、ある意味悲劇ですよね?

最後はハッピーエンドに終わったのかな?

地震にしても、火山の噴火にしても、もし予測できるようになったら、人間も何かが変わるのでしょうか?

それにしても、犯人の彼の父親は最低ですね。

途中まで、危うく騙される所でした。(; ・`д・´)

でも、最後まで読んですっきりした作品でもあります。

脳の手術によってもたらされたラプラスの魔

ヒロインも素敵でしたが、教授もまた素敵でした。

ラプラスの魔は、確かパンドラの箱系のお話で知ったんですが、最後に残っていたのは希望ではなく、予測出来る事象であるみたいな。

うろ覚えですが、そんな感じだったと思います。

今週はまた忙しくなりそうなので、しばらく本は読めないかな?

でも、本当に面白い作品でした。

一種の超能力にも思えるラプラスの魔ですが、これってやっぱり人間にはまだ早いかな?という感じがしないでもなかったです。

それにしても、ラストがまた良かったです。

やっぱり東野圭吾さんの小説って、読みやすいですねー。w

江波戸 哲夫さんの「壊れた心を見つけたら メンタル・クリニック3001」を読みました。

先週読んだ本ですが、壊れた心を見つけたら。という本を読了しました。

読書の時間がなかなか取れないのですが、寝る前の読書ということで、こちらを無事読み終わりました。

壊れた心を見つけたら メンタル・クリニック3001

 

タイトルからして、重い話なのかな?と思って読んだら、全然そういうことはなくて。

精神病院に来る患者さんと強迫神経症を患っている先生の話でした。

でも、誰かが亡くなったりとかは全然なくて、中には、女装癖のある男性の悩み相談なんてのもあったり。

女装癖の男性の悩みを知ろうと、バーに潜入した時の先生の話が面白くて。w

素敵な主人公の先生で、どんな症状にも真摯に向き合ってくれるのが、すごく好感が持てました。

意外と悩みを抱えている人は、多いんだなぁみたいな感じで。

メンタル・クリニックに来る患者さんは、皆精神症を患っているものだと思っていたので、その意味でも新鮮でした。

読み進めて行くごとに、謎が解けるミステリーとはまた違った面白さでしたね。

壊れた心と言えばそうかも知れませんが、人は見た目では判断できないというのが良くわかる作品だと思います。

本当にするすると読める作品ですし、読み終わった後には、何だか元気が出る一冊でした。

ミステリーも大好きなんですが、たまにはこんな本も良いなぁと思いつつ、楽しみながら読み終わることが出来ました。

最近寝るのが早くて困っていたんですが、読書をすると、夜寝られなくなるのが、逆に悩みの種だったり。

弟からすれば、読書で興奮して眠れないなんて、子供みたいで羨ましいなんていわれますが、それって褒めてるの?けなしてるの?(´・ω・`)

でも、昔から読書が好きなので、どうしても読書をすると、夜寝られなくなるんですよ。

仕事が忙しくなってきたので、なかなか読書の時間も取れないんですが、夜時間が空いた時には、また読書がしたいですね。

読書の秋なので、本当はもっと本が読みたいんですが、どうしても時間が取れないこともしばしば。

でも、仕事があるとメリハリがつくので、以前みたいに、暇な時間が多いということもなくなり、その意味では充実した毎日をおくれてるかな?みたいな感じもします。

今月は、パソコンのグラフィックボードも新調したので、届いたら、早速趣味のゲーム制作も時間が取れるようにしたいですねー。

さて、今日はもう寝ることにします。

明日は、もう一冊読んだ本があるので、時間が取れたら、そちらの感想も読んでいただけると嬉しいです。

それでは、お休みなさいー!(*´ω`*)

村上春樹さんの「スプートニクの恋人」を読みました。

それでは、こちらも先週読み終えた小説ですが、村上春樹さんの「スプートニクの恋人」を読みました。

村上春樹さんの長編小説は初めてだったので、短編は今一つだったけど、長編はどうかな?とわくわくしながら読みました。

スプートニクの恋人

f:id:torezu0:20170929201739j:plain

まず、風変りなヒロインと、恋人未満友達以上の男性とのお話ですが、ヒロインは恋とかに興味が無く、性交渉も経験がなく、しかも何をするよりも、小説を書くのが好き!

そんなヒロインですが、どうしても最後まで完成させることが出来ないジレンマに陥ります。

主人公の男性は、そんなヒロインの良き相談相手。

でも、ヒロインは夜中でも関係なく、男性に相談に乗ってもらおうとします。

ここが男性の素敵な部分なのですが、どれだけ疲れていても、相談に乗ってくれるんですね。

学校の教員をしていることもあり、教え上手だったのかも知れません。

そんな時、男性を意識していなかったヒロインに、恋の相手が訪れます。

しかも!その恋のお相手は、年上の女性!

一般的に言えば、レズビアンとか百合系という感じでしょうか?

ヒロインを認めてくれて、海外などに行く仕事をあっせんしてもらったり、とにかくヒロインと不思議とウマが合うんですね。

ところが、ある時ギリシャで、ヒロインが行方不明になり、男性にヒロインの恋のお相手から、電話があり、ギリシャまで来て欲しい!と言われます。

実は、行方不明になる前の夜に、ヒロインは、恋の相手と親密になろうとして失敗していたことがわかるのは、男性がヒロインのスーツケースを開けて、中に書いてある小説もどき?を読んだことから。

そして、ヒロインの恋のお相手は、昔壮絶な過去を経験しており、それが元で、一晩で髪の毛が真っ白になってしまいます。

その過去が原因で、ヒロインに応えられなかったのですが…

それからいくら探しても見つからないヒロイン。

男性以外が諦めた頃、いつものように公衆電話から電話が来ます。

その電話先の相手とは…

割と読みやすい本で、2時間ほどで読み終えます。

ラストがハッピーエンドだったのが、嬉しいですね。

やっぱり物語は、ハッピーエンドが好きなので。

短編集で感じたおどろおどろしさがなくて、村上春樹さんの小説も面白かったです。

でも、今後借りるとしたら、IQシリーズが読みたいですね。

でも、シリーズは何冊もあったので、1だけ借りたら、2も読みたくなるでしょうし、借りれるだけ借りたら、今度は読む時間がないでしょうし。

と言っても、新しく借りようとした時に、続編がすぐに読めないのも困るしで。

しばらくは、村上春樹さんの小説から離れようと思います。

外国でも人気のある村上春樹さんの小説は、独特の世界観でした。(*´ω`*)

村上春樹さんの「パン屋を襲う」を読みました。

実は、先週に読み終わっていたのですが、時間が取れなくて、ようやくブログを更新です。

村上春樹さんの本は、二冊目ですが、こちらも短く、絵本と言った感じですね。

パン屋を襲う

f:id:torezu0:20170929200923j:plain

 

タイトル通り、パン屋を襲撃するお話ですが、これはグロ系の絵本?と思いました。

例えるなら、現代版宮沢憲治という感じです。

宮沢憲治も、こんな感じのゆったりとした、いわゆるホラー的な描写が多いので、個人的にそっくりと思いました。

お腹が空きすぎて、パン屋を襲撃した男性二人。

包丁を持って強盗に出かけたのに、パン屋にあることをすれば、お腹いっぱいにパンを食べても良いと言われ、その通りにして、襲撃自体はご破算に。

どちらの利害も一致して、万々歳になるんですが…

その後の続きで、パン屋を以前襲撃した男性の一人が、結婚して、妻を持つんですが、その妻と暮らしている最中に、どうしてもお腹が減ってしまい…

うっかり以前のパン屋襲撃の話を、奥さんにしてしまいます。

すると、奥さんがパン屋を襲撃しようと言いだし、結局パン屋はみつからず、あるお店に襲撃に行って、二人はお腹が満ち足りることになりますが。

ラストが、含みがあり過ぎて、一種の怖さがありましたね。

村上春樹さんの小説は、こんな話ばかりなの?と思っちゃいました。

でも、この後読んだ長編小説は面白かったので、短編を読むよりも、長編かな?と思います。

それでは、今回のネタばれ付感想は、この辺で。

東野圭吾さんの「使命と魂のリミット」を読みました

さて、昨夜は、使命と魂のリミットを読み終えました。

今回は天空の蜂と違い、短かったので、およそ二時間ほどで読了。

でも、すごく面白かったです。

やっぱりミステリーは、好きですねー。(*´ω`*)

使命と魂のリミット

 

心臓外科のお話でしたが、ヒロインがまた素敵なんですよね。(*´ω`*)

男性に負けじと働く姿も素敵でしたが、周りにいる男性も素敵で、こんな病院があるんだなぁと。

もちろん、フィクションだと言うことはわかっていますが、それでも素敵な病院だなと思いました。

ただ、一番面白いと感じたのは、話を追って行くうちに、段々と謎が明らかになっていくことですね。

ミステリーなので、当たり前かも知れませんが、伏線の貼り方がまた、すごいなと思いました。

自分の父親の手術をした医師。

そして、失敗してしまった医師。

その医師が母の再婚相手。

この件だけでも、ヒロインは最初どんな気持ちだったのだろうと。

救急車が回り道をしたせいで、ある人が間に合わなかった。

その原因を、社長に求める犯人。

でも、犯人は、できるだけ犠牲を出さないようにと、色々画策して。

看護婦に近づいたのは、ある目的があったためでしたが、それでもやっぱり人間の心を捨てなかった犯人。

そして、パトカーで追ったことにより、死亡してしまった学生。

万引きをして、逃走した学生が悪いのは間違いないんですが、それでも追って死なせてしまった警察官は、色々葛藤があったと思います。

そう言えば、本屋で万引きした学生を店主が追って、学生が遮断機が下りているのに、踏切を渡ろうとして死んでしまった事件がありました。

学生がしたことは悪いのは間違いないですが、追いかけることで死なせてしまった本屋さんも辛かっただろうと思います。

でも、世間は学生が悪いのではなく、追いかけた店主が悪いと、非難したり、罵倒したと言います。

それがきっかけで、本屋さんも店じまいに追い込まれて。

学生よりも厄介だったのは、当事者以外の人間だったわけですね。

そもそも万引きと言う言葉自体が悪いです。

万引きというのは、窃盗のことなので、名前が変わっても犯罪であることに変わりはありません。

私は家が店をしているので、多少わかりますが、本を1冊盗まれただけで、10冊以上の本を売らないと、元が取れないのだと言います。

万引きと言う言葉に誤魔化されず、万引きは立派な犯罪であることを認識して欲しいですね。

さて、脱線しましたが、ラストでは、医師が犯人の思惑通りに行かないようにと、必死で手術をします。

それを助ける立場のヒロイン。

そして、ヒロインが知った本当の真実。

読み終えた後に、しばらく興奮して、夜良く寝られませんでした。(´・ω・`)

お前は、子どもか!と(笑)

でも、面白い本を読むと、夜寝られなくなるんですよねー。

母は読んでいる最中に寝るので、そちらは羨ましいです。w

さて、今日は借りてきた最後の本を、また就寝前に読もうと思っています。

やっぱり、読書は素晴らしいですね!(*´ω`*)