読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

東野圭吾さんの「危険なビーナス」を読みました。

昨日は時間が取れたので、もう1冊。

東野圭吾さんの「危険なビーナス」を読みました。

危険なビーナス 

 

   

実はこちらの本、去年の12月から図書館の予約をして、ようやく順番が回ってきた一冊でもありました。

何が危険なんだろう?と、ちょっとドキドキしながら読んだら、これが面白い!

最初弟が行方不明になったと言われ、婚約者が現れて。

主人公の男性は、その婚約者と一緒に、色々家族間の謎を解いていくわけですが、惚れっぽい主人公の男性は、この婚約者に一目ぼれしてしまい…?

でも、そんな惚れたとかいう話はどうでもよくて、主人公の母親が死んだ原因がなんだったのかがメインだったように感じます。

サヴァン症候群だったかな?

イギリスの医師ジョン・ランドン・ダウン英語: John Langdon Down)は1887年、膨大な量の書籍を一回読んだだけですべて記憶し、さらにそれをすべて逆から読み上げるという、常軌を逸した記憶力を持った男性を報告した。その天才的な能力を持つにもかかわらず、通常の学習能力は普通である彼を「idiot savant」(イディオ・サヴァン=賢い白痴【仏語】)と名付けた。

ただし、彼が自閉症の診断基準を満たしている記述は論文には存在しない。論文上には「他の学習能力は通常である」と記載があるのみである。後に"idiot"が差別的な意味を持っていることから、「サヴァン症候群」と改められた。

主人公の父親は、この症状が現れていたみたいで、ある絵がキーとなります。

最後には、真犯人もわかり、あの人と再会します。

「いいさ、たかが絵だ。」そう呟いたあの人。

ヒロインの女性は、強くて素敵な女性で。

でも、ヒロインは実は…みたいな。

実は途中で、薄々ヒロインの本当の姿が、ある程度推測できはしたんですが、それでもやっぱり最後は驚きましたね。

数学の世界で、権威と呼ばれる人であったため、絵の重要性と価値に気付き、犯罪を犯してしまったわけですが、何となく気持ちはわかるような気もしました。

人によっては、ただの絵にしか過ぎない。

でも、人によっては、それが人生を賭けられる程の重要な宝物であったり。

東野圭吾さんの小説は、やっぱり面白いですねー。

三時間ほどかかりましたが、一日で読了出来て良かったー。

図書館に返す時間が迫っていたので。

母が先に読んだので、母の読み終わるのを待ってたら、返却期限が迫っちゃったんですよね。

でも、この本を予約したのが、母のリクエストだったので、母が読めないと意味がないですしね。

それにしても、素敵な話だったなぁ。

またしばらく本を読める機会が少なくなりそうですが、やっぱり本は読むとすっきりしますね!(*´ω`*)

 

 

藤本ひとみさんの「パンドラの娘」を読みました。

先日は、久しぶりに読書の時間が取れました。

最近忙しかったからなぁ。(; ・`д・´)

で、今回はパンドラの娘という本を読んでみたんですが、内容はあら?という感じ。

私的には、タイトルからして、ファンタジー要素のあるパンドラの箱関係の話かなと、勝手に思っていたんですが、何と!

外国に行ったことのある作者の色々な体験談や、近所の小話的な話が多くて。

でも、面白くないとかそんな話じゃなく、ところどころ、「うん。うん。確かにそうだよね。」と共感できる部分もかなりあって、面白かったです。

長さも感じない、短編集という感じの作品でした。

個人的には、トイレ事情とか、ドレスの話が面白かったですね。

久しぶりの読書は、すごく楽しかったです。

最近本当に専門書系しか読んでなかったので、たまにこういう本を読むと、すっきりしますねー。

   

 

 パンドラの娘

 

長さを感じない小説も久しぶり!

内容と本の表紙のある意味ギャップも素敵でした。

日常の生活とか、こんな風に面白くかけるというのも素敵だなぁと思いました。

さて、先日はもう一冊読んだので、後でまたご紹介しますね!

面白い本に出会えると、ストレスも発散できますし、余韻に浸るというのも素敵な体験ですよね!w

両角 長彦さんの「ラガド 煉獄の教室」を読みました。

今日はお日様が射して、天気も良く、部屋も心なしか温かい北海道です。

さて、昨夜は、「ラガド 煉獄の教室」を読みました。

 ラガド 煉獄の教室

 

またまたタイトルに惹かれ、図書館で借りてきた本ですが、すごい内容でした。

というのも、一応ミステリーっぽい感じではあるんですが、教室という狭い空間で起きた殺人事件。

殺害された少女は、「わたしをかわりに」と言って亡くなったとして、美談で語られるのですが、少女の家族は、一転少女が加害者であるような物言いに、とんでもない!と怒ります。

殺害現場を再現し、加害者に記憶を取り戻させるという試みが行われ、でもそこである女性警官が異議を唱えます。

そのうち、ジャーナリストの男性が、教室はある少年がボスとなり、誰も逆らえなかったと言い、親の不正なども踏まえて、それをテレビで放映しようとします。

そこで出て来るのが、その少年の親を手助けしてくれていた秘書です。

殺害現場に遅れて登場したために、殺人を止められなかったとショックを受け、入院していた女性教諭。

実は、彼女と少年にはある接点がありました。

ジャーナリストの男性は、少年を追っているうちに、自分が間違った方向へ行っていることに気づき、放映内容が変わってしまうことに落胆します。

自分が真実であると信じていたことが覆され、それでも真実を伝えようと、ジャーナリストの男性は、秘書の男性と秘密を共有しながら、事件の全貌を暴いていきます。

途中で、こんな感じのフレーズが。

「群れの中に緑の羊がいる 全部の羊は緑色であり 全部の羊は緑色ではない」

ちょっとうろ覚えですが、こんな感じのフレーズだったと思います。

女性教諭は、Sメソッドという実験をしていたことも明らかになり、突然病院から逃走します。

そして、真実をある組織(ラガド)に話した後、遺体で見つかることに。

そして、同時期に、クラスの生徒が、一斉にある事実を思い出します。

それこそ、殺害された少女の最後の言葉でした。

最初は、悲劇のヒロインであったと思われていた少女。

でも、実際には、彼女はクラスの中で●●的存在で。

すごく読みやすい本なんですが、ロジックがあちこちに含まれていて、最後まで真実がわかりませんでした。

そういう意味でも、衝撃のラストでした。

「空気を読む」これは、実際には操作されているのではないか?

そんなことも考えさせられる作品でした。

全体が暗いイメージの本でしたが、サブタイトルが格好良くて、すごく本作とあっていたと思います。

煉獄の教室なんて名前が付いていたので、どんな話なのかと思っていたら、思ったよりも悲惨なことが起きていて、そこもびっくりしましたね。

結局は被害者=加害者だったわけで。

いじめによる殺人とも言える、本作中の殺人事件。

実際に起こりえるかのような話で、そこも面白かったです。

さて、今夜も寝る前に本を読もうと思っていますが、後二冊残っているので、どちらを先に読もうかと思案中です。

年末年始は、忙しくて本が読めなかったので、今一気に読んでます。

今度の本も、面白いと良いなぁ。w

小林 泰三さんの「アリス殺し」を読みました。

年末に借りてきた本を、まだ読んでいなかったことに気づき、早めに返せるようにと昨夜寝る前に読んでみました。

今回読んだのは、小林 泰三さんの「アリス殺し」という作品。

アリス殺し 

 

タイトルに惹かれて借りてきたんですよね。

読んでみて、最初は夢落ちかな?みたいに思ったんですが、なかなかに伏線の張り方がすごくて、最後まで犯人がわかりませんでした。

そうなんです。

アリス殺しは、ミステリーだったんですね。

アバターみたいに、夢の世界と現実の世界を行き来できる人達がいて、ヒロインの有栖川さんとビル役の井森君が話を進めていきますが、不思議の国での殺人と、地球での殺人はリンクしていて、片方で死んだ場合は、もう片方でも死ぬと言う、何とも言えないルールが。

とは言え、最終的には、現実で死なない限りは、夢の世界では死なないということもわかりますが。

アリス役の有栖川さんは、ダンプティやグリフォン殺人の容疑をかけられ、それを払拭すべく井森君や刑事さんなどと一緒に奮闘するんですが、とうとう井森君まで殺されてしまいます。

井森君は、ダイイングメッセージを残していて、これが結末に大きく関わるんですが、犯人に消されないで済むように、しかもアリスにだけわかるように、そんなダイイングメッセージを残します。

でも、実はアリスは…みたいな感じです。

レッドキング(赤の王様)の見ている夢の中の世界。

目を冷ましたら、新しい世界が出来上がる。

それは、地球なのか不思議の国なのか…。

途中グロい表現もあり、結構死に方とか残酷です。

最後に種明かしみたいに、事件の概要が語られて、アリスも真犯人を見つけるんですが。

真犯人は、昔から不思議の国のことを知っていて、そして、自分の欲のために、沢山の殺人を犯します。

最後には、女王に首をちょん切られるんですが、そこはアリスの世界っぽいですね。

でも、女王に命じられたトランプ兵の不手際もあり、なかなか死ぬことが出来ない真犯人。

不思議の国の住人と地球の住人を認識していた数人は、自分の身を守るため、簡単に自分のアヴァタールを明かしませんが、それがミステリー的に響いて、最後は、「ああ、この人は不思議の国のあの人だったんだ。」みたいな驚きもありました。

途中で、何とも不思議の国の住人ぽい会話とかも楽しめますし、最後はどんでん返しというか、衝撃のラストでした。

ミステリー好きな私好みの小説でしたー。

何だか不思議の国のアリスの世界に入り込んだかのような作品でした。

さて、今夜はどれを読もうかな?(*´ω`*)

池井戸 潤さんの「下町ロケット2 ガウディ計画」を読みました。

先週の日曜に、本を返しに行き、また借りて来ました。

こちらの本は、先週の土曜に読んだんですが、時間がなくてUP出来ていなかったので、忘れないうちに、UPしておきます。

基本的に、私のブログの記事は、後で忘れないようにと、備忘録の役目が私の中であるので。w

下町ロケット2 ガウディ計画 

 

前回の下町ロケットの続きですが、今回は、ササヤマ製作所と対決!

NASAの下積みを積んだ社長に対抗して、佃製作所は、またバルブの開発にといそしみます。

帝国重工に発注をしてもらうために、色々とあるのですが。

前回真野さんの進言にもあった、医療器具への挑戦が本筋かなと思います。

心臓の人工弁は、その大きさかあら、今まで子供には付けることが出来ず、桜田さんは、自分の娘を亡くしたこともあり、その開発に尽力してきましたが、開発費ばかりかかると言われ、一度夢を諦めます。

佃製作所も、新人が引っこ抜かれてしまったこともありましたが、どうせなら挑戦しようという社長の言葉もあり、社員総出で頑張って開発をします。

立花さんと加納さんというスタッフが、人工弁を遅くまで起きて、開発をするんですが、人事がぴたりと当たり、二人は二人三脚で、開発を進めます。

敵と言ってよいと思いますが、ササヤマ製作所の息のかかったある人は、製品自体のことよりも、佃製作所が、中小企業であることを理由に、何かと理由をつけては、佃製作所が作ることが出来ないように、邪魔をしてきます。

特許の話も絡んできて、引き抜かれた新人が、引き抜かれた先で、ある部品を作っていたんですが、それの特許の話も絡んできて、また例の弁護士さんが活躍してくれます。

所々で、うるうると来てしまいますね。

すごく感動が伝わって来て、ラストでも、涙なしでは見られないストーリーだと思います。

心臓弁というリスクがあって、ヘタをすると、会社はつぶれてしまう。

そんな苦境のさだ中にあっても、社長の佃さんは、夢を追いかけ続けます。

夢を追うことをやめた時点で、人はダメになる。

正にその通りだと思います。

確かに、仕事上で、夢を諦めないといけないこともあると思います。

でも、本当にやめて良いことなら、夢とは言えないのかな?とも思ったり。

テレビのドラマは、ちらっとしか見てないのであれですが、私の知っている話と、本には少し違いがあるみたいですね。

まぁ、昔麒麟の翼を読んだ時にも、それは感じましたが。

ドラマだと、ある程度の脚色があるということですね。

やっぱり、私は自分のペースで読める、読書の方が好きかな。

でも、面白い本でした~。

3とか出て欲しいような、欲しくないような…(; ・`д・´)

 下町ロケット -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX

 

 それでは、今度は「アリス殺し」を読んでますので、また次回に続きを。