読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

レシピ!りんごのシフォンケーキ

りんごが美味しい季節になりましたねー。(*´ω`*)

我が家でも、りんごを大人買いして、毎日のようにリンゴを食べてます。

でも、日本ではフルーツはお高いので、この時期になって、安くならないと食べられないんですよねー。

去年までは、あるお客さんが毎年、リンゴを箱で持ってきて下さっていたんですが、そのお客さんが突然亡くなられてしまい…

りんごが欲しかったとかそういうことではなくて、本当に優しくて、気の良い女性でした。

交通事故で亡くなられたんですが、花だけでも添えてと思ったら、すでに警察の方が自己の検査をしていたみたいで、行った時には、もう献花はなくなっていました。

他の人が置いていないのに、置いても良いんだろうかと迷った挙句、そこで合掌だけして、お参りしてきました。

囲碁が好きな方で、良く父と打って下さっていたんですが、本当に寂しいです。

お年を召されていた方だったとはいえ、交通事故であっという間に亡くなってしまい、まだ入院とかだったら、お見舞いにも行けたんですが…。

戦争の体験も良く教えていただきました。

足に杭を打つとか、戦争中でないとなさそうな、不法地帯を、これから先作らない為にも、安保法案には、個人的には反対したいですね。

 

さて、脱線しましたが、とにかく、リンゴが手に入ったんですが、すでに家にあったボケたリンゴがあったので、それをシフォンケーキにすることにしました。

水で作っても良かったんですが、よりリンゴのフレーバーを入れようと、リンゴジュースも入れてあります。

ここで、ポイント!

リンゴジュースは、絶対に100%のジュースを使って下さい。

100%でないと、砂糖が強すぎて、型からはみ出て焦げる可能性があります。

シロップ系も駄目です。

これは、もう失敗済みですが、シロップ系は、砂糖が多い為、上手く焼けないんです。

なので、ジュースを使う場合は、100%で。

 

それでは、レシピです。

f:id:torezu0:20151019135638j:plain

材料:(シフォンケーキ型・17cm・1台分) 所要時間:60分(冷やす時間は除く)

卵黄…4個 卵白…4個 卵白用砂糖…40g
卵黄用砂糖…30g 薄力粉…75g ベーキングパウダー…小1
リンゴジュース(100%)…50cc サラダ油…50cc りんご…100g

作り方:

  1. 薄力粉とBPは、一緒にふるっておく。
  2. 卵白のボールに砂糖をひとつまみ加え、泡立て始める。
  3. 途中砂糖を二回に分けて加え、ピンと角が立つまで泡立て、メレンゲを作る。
  4. オーブンを170度に温め始める。
  5. 卵黄のボールに砂糖を全量加え、白っぽくもったりするまで泡立てる。
  6. サラダ油を少しずつ加え、その都度良く混ぜる。
  7. りんごの皮をむき、すりおろす。
    (りんごはすりおろすと変色するので、混ぜる直前にすりおろします。)
  8. 卵黄のボールに、りんごを加え、良く混ぜ合わせる。
  9. りんごジュースを少しずつ加え、その都度良く混ぜ合わせる。
  10. メレンゲの1/4量を加え、良く混ぜる。
  11. ふるった粉類を一気に加え、良く混ぜ合わせる。
  12. メレンゲの全量を加え、ごむべらに持ち替え、さっくりと練らないように混ぜる。
  13. 縞々が見えなくなり、まとまったら、生地作り終了!
  14. 少し上から生地を型に流しいれ、中央を押さえながら、軽くとんとん(2~3回)と空気を抜く。
  15. 箸を型の中でぐるぐると回し、大きな気泡を取り除く。
    (りんごが入っているので、空気抜きは、やり過ぎない様にして下さい。)
  16. 焼き上がりを助けるために、ゴムベラで、型の周囲と中央部分を、少し盛り上げるようにする。
  17. 170度のオーブンで、40分焼く。
  18. 焼きあがったら、すぐに瓶などに刺し、逆さにして冷ます。
  19. 2~3時間経ったら、シフォンナイフなどで型から取り外し、上面を包丁で平らにして、皿に盛り付ける。
  20. 完成!!

シフォンケーキ専用のナイフがない場合は、細めのパレットナイフを使うか、マイパーラー付属のナイフが便利です。

 

 

農家の素朴なスイーツ★米粉シフォンケーキりんご18センチ

価格:1,200円
(2015/10/19 13:57時点)
感想(0件)