読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

島田荘司さんの「幻肢」を読みました。

昨夜、夕食の支度が終わって、お風呂まで二時間くらい時間が空いたので、兼ねてから読みたかった幻肢を読んでみました。

島田さんの小説は、ほぼ持っているんですが、たまたまこちらの本を持っていなかったんですね。

で、母が図書館に借りに行く時に、「何か読みたい本ある?」と聞かれたので、まずはネットから図書館にアクセスして、その本があるかを確かめてから、母に本を借りてきてもらいました。

二週間で読み終えないといけないので、時間が取れるか心配でしたが、昨夜無事読み切ることが出来ました。

 

精神病や脳のお話が中心で、幻肢というのは、事故などで腕や指などを失った人が、そこに無くなった腕や指があるかのように、動いている動作をイメージし、そのあるはずの場所を触ると、触られた感覚や痛みを感じるというもの。

ヒロインは、ある事故で入院することになりますが、記憶を失ってしまい、親友の名前すら思い出せず、ただ一つ思い出したのが、彼氏の名前。

でも、彼氏も名前も声も顔も思い出せず、苦悩していました。

そこで、ヒロインの友人が、ある治療法を勧めて来ます。

すると、ヒロインにも幻覚が見え始めて。

どんどん記憶を取り戻していくヒロイン。

ラストでは、まさかの再会。

 

ぐいぐいと引っ張られる感じで、するすると読み進めました。

ラストの展開は、島田荘司さんらしいラストだなぁと。

島田さんの小説では、良く精神症のお話や脳医学のお話が出て来ますが、こちらも今までに知らなかったことばかりで、驚きの連続でした。

薬を飲むことの弊害。

これは、私も薬を飲んでいるのでわかりますが、副作用に悩まされています。

このお話の中で出てくる治療法は、実現したらすごい!と思える内容(もしかしたら、もう実現されてるのかも知れませんが…)で、脳に電波を流すという発想もすごかったですね。

特に、親しい人を失くしてしまった時に、防御作用として、幽霊などの幻覚を見るというのも、なるほどなぁと思いましたね。

確かに、親しい人がいきなり亡くなってしまったら、精神が壊れてしまうかも知れないですね。

精神が壊れない為に、その人に幻覚を見せる。

脳にはそんな働きもあると言うことなんですねー。

 

久しぶりの読書は、楽しかったです。

やっぱり、ミステリーが好きなんですよねぇ。

でも、寝る前に読むのは、やっぱり駄目ですね。

眠れなくなりましたから…(笑)

母は本を読むと、お休み三分なので、ちょっと羨ましかったり。

私もそれだけ寝付きが良くなりたいなぁ。