読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

レシピ!パンプキンクグロフ

クグロフ型とかマルグリット型って、焼きっぱなしでも可愛い、お気に入りの型なんです。

だって、ケーキ屋さんぽいですよね?

ただ、焼いただけでも。(*´ω`*)

ただ、型の下準備がちょっと大変で、バターを塗ってから冷蔵庫に入れて、焼く寸前に取り出して、強力粉をふる。

この作業が一手間なんですよ。

でも、慣れてしまえば、当たり前みたいになりますけども。

「この一手間が、I Love You~♪」って奴ですね。

というか、下準備をしないでケーキなどは、焼けないですよね。

スイーツ作りをするなら、下準備は必須です。

下準備を省こうと、面倒くさがると、失敗をするわけで。

まぁ、そうは言っても、レシピ自体がしっかりとしてないと、下準備をしてても失敗することがあります。

私のレシピは、基本的に成功した時のレシピなので、失敗してしまったと言われたとしても、どこが失敗の原因かわからないこともあります。

先日の南瓜の黄金餅もそうですね。

母が失敗してくれなければ、南瓜の水分量なんて、気づけませんでしたし。

お菓子作りは、科学の実験に似ている気がして、何となく好きなんですが、計量って面倒くさがる人も多いですが、私からしてみれば、「あれが、楽しいんだよ!」と。(笑)

「50gまで、後1g!!」これが楽しいんですね。(爆)

たまに、偶然ぴったりになった時には、これまた嬉しい。

「今日はついてるかも!」何て、思ったりもしますね。

 

今回ご紹介する南瓜のクグロフは、バターケーキベースなので、割と簡単に作れると思います。

ほぼ混ぜて焼くだけですから。

なので、問題になるのは、型の下準備だけ。

後、南瓜の処理ですね。裏ごし必須かも知れません。

ただ、南瓜の水分量にもよりますので、びちゃびちゃ南瓜なら、そのままつぶしただけで混ぜ込んでもOKかも知れません。

我が家の家庭菜園での発育状態が悪かったのか、最近はびちゃびちゃ南瓜にばかり会います。

ぽろぽろの南瓜があれば、あんな料理も出来るのにーと、思いますが、自然のことですから、仕方ないですね。

ということで、レシピです。

 

f:id:torezu0:20151028130918j:plain

材料:(クグロフ型18cm・1台分) 所要時間:60分

卵 … 2個 バター … 180g かぼちゃ(正味) … 200g
グラニュー糖 … 80g アーモンドパウダー … 50g 薄力粉 … 150g
強力粉 … 30g ベーキングパウダー … 小1 レーズン … 大2

 作り方:

  1. かぼちゃを一口大に切り、水にくぐらせてから、レンジで10分強加熱する。
  2. 竹串がすっと通るくらいの柔らかさになったら、スプーンで黄色い部分をすくい取る。
  3. 熱いうちに裏ごしをし、冷ましておく。
  4. バターをボールに入れ、柔らかくなるまでゴムベラで練る。
  5. グラニュー糖を加え、白っぽくふわふわとするまですり混ぜる。
  6. 卵一個をボールに加え、良く混ぜ合わせる。
  7. 裏ごししたかぼちゃを加え、なじむまで良く混ぜ合わせる。
  8. アーモンドプードルも加え、混ぜ合わせる。
  9. 残りの卵を溶きほぐし、1/2量ずつ加える。
  10. 干しブドウを加え、さっと混ぜ合わせる。
  11. ふるっておいた粉類(薄力粉、強力粉、BP)をもう一度ふるいながら加え、さっくりと練らないように混ぜる。
  12. 用意しておいた型にゴムベラで生地を入れ、平らにならす。
  13. 180度のオーブンで15分焼き、170度に下げてさらに30分焼く。
  14. 竹串を中央に刺してみて、生地が付いてこないようなら焼き上がり。
  15. 完成!!

かぼちゃの皮を取り除く時は、スプーンですくい取る方が、包丁で皮を取るよりも、安全かつ簡単に出来ます。

 

 

クックパッドさんの無料アプリを活用して、美味しいケーキを焼いちゃいましょう!w