読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

レシピ!三つのねばねば丼!滋養強壮に!

ねばねばで滋養強壮!

私は、結構ネバネバ系の食材が好きです。

納豆も大好きですし、山芋の粘りも好きですし、オクラのねばねばも大好きです。

ただ、めかぶとか昆布とか、海藻系のねばねばというか…

あれだけは苦手なんです。

ダイエットには海藻が良いとわかっていても、使うのは、たまにわかめだったり、出汁取りに昆布を使ったりするだけ。

どうしても、もずくとかめかぶとか、香りが駄目なんですよね。

でも、海苔は大好きです!

臭くないからというのもありますが、おにぎりとか大好きなので、むしろ積極的に使う海藻は海苔かも知れません。

今回ご紹介するレシピは、納豆とオクラ、山芋の粘りを閉じ込めた、ねばねば丼になります。

作り方はとってもシンプルなので、滋養強壮にも良いということで、ちょっと疲れが取れないなぁという時にもお薦めしたいレシピになります。

そう言えば、皆さんは山芋で痒くなったりしますか?

我が家では、母が痒くなるといって、おろしたりしてくれないんですが、私は父に似たので、全然痒くないんですよね。

山芋にかぶれたーなどと良く聞きますが、一種のアレルギー反応でしょうかね?

ちなみに、私は漆にもかぶれたことがありません。

昔山登りをしていて、漆にうっかり触っちゃったことがあるんですが、「これ何ー?」と知らずに漆に触ったのですが、触った私はかぶれたりせずに、近くに寄っただけで弟はかぶれていました。

個人差があるとは思うんですが、山芋のかぶれって、結構しつこいかゆみだそうですね。

 

それでは、レシピです!

f:id:torezu0:20151105112638j:plain

材料:(4人分) 所要時間:15分

ご飯…丼4杯分 オクラ…12本 山芋…400g
納豆(タレ付き)…2パック めんつゆ…大4 焼き海苔…適量

作り方:

  1. オクラにラップをして、レンジで3分ほど温める。
  2. オクラをみじん切りにし、更に叩いて粘りを出す。
  3. 山芋は皮をむき、酢水に晒し、15分ほど置く。
    (酢水に晒すと、黒く変色するのを防げます。)
  4. オクラにめんつゆの半量を加え、良く混ぜ合わせる。
  5. 納豆は付属のタレなどを加え、全体を混ぜ合わせておく。
  6. 山芋をすりおろし、残りの麺つゆを加え、良く混ぜ合わせておく。
  7. 丼にご飯をつぎ、上に山芋、オクラ、納豆を乗せて、混ぜながらいただく。
  8. 完成!!

山芋は、酢水に漬けるのを忘れると、おろしている傍から、黒く変色していきます。

酢水に晒すことで、漂白をしているので、ここはしっかりと準備しましょう。

オクラはゆでても良いですが、面倒なのでレンチンです。

ねばねば成分は、体にも良いので、ぜひ試してみて下さいね。

 

 

他にも多数レシピあります!

torezu-cook.jp

 

アンドロイド用の無料アプリです。

クックパッドさんで探すのも良いかも。w