読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

レシピ!わかさぎのマリネ風!

旬のわかさぎで、マリネ風!

我が家では、毎年冬になると、わかさぎをいただくことが多いんですね。

で、毎回天ぷらにしたり、フリッターにしたりと、油で処理することが多くなります。

でも、この揚げるという作業が面倒らしく、他の方におすそ分けする時にも、「揚げたのならもらうよ。」みたいな感じで、生のわかさぎは不人気。

そうですよね。

小さい魚を揚げ続けるのは辛いよね?と、納得します。

去年は、お世話になっているおじさんの所に、揚げたわかさぎをおすそ分けで持って行きました。

苦手な魚だったりしたら困るので、事前に「わかさぎ揚げたんですけど、たべますかー?」と聞いたら、「おうおう!もらう!もらう!」とのことで、持って行ったら、ちょうどおばさんが居て、「ありがとうー!これ揚げるの面倒なんだよねー!」と喜んでもらえて。

やっぱり、女性にはわかるのかも知れません。

わかさぎの処理の面倒くささが。(笑)

そして、わかさぎが大量に揚がるので、何か食べ方を変えたいなと思い、考えついたのがこちらのレシピになります。

ただ揚げるだけだと、脂っこくて食べづらいですが、マリネ風にすると、家族皆がわんさと食べます。

オリーブオイル入ってるから、余計に油っこいはずなんですが…。

不思議ですよね。

今年はいただけるかわからないですが、もしいただけたら、また南蛮漬けとかマリネにしようかなと思ってます。

と言ってますが、そう言う時に限っていただけなかったりするんですよね。

これも不思議だ。(笑)

 

それでは、レシピです!

f:id:torezu0:20151125122645j:plain

材料:(4人分) 所要時間:15分

わかさぎ…16尾ほど 片栗粉…適量 揚げ油…適量
パプリカ(黄)…1個 ブロッコリー…1株 玉ねぎ…中1個
オリーブオイル…大2~3 寿司酢…大4ほど  

作り方:

  1. わかさぎを軽く水洗いし、片栗粉をまぶしておく。
  2. 玉ねぎは薄切りにし、水に晒しておく。
  3. パプリカは、細切りにする。
  4. ブロッコリーは小房に分け、ラップをして、レンジで5分ほど加熱し、すぐに冷水に取り、色止めをしておく。
  5. 170度くらいの中温で、わかさぎが、軽くきつね色になるまで揚げる。
  6. 大きめのボールに、玉ねぎ、オリーブオイル、パプリカ、寿司酢を入れる。
  7. 揚げたわかさぎも加えて、全体を混ぜ合わせる。
  8. 冷蔵庫で30分ほど冷やして、完成!!

オリーブオイルの代わりに、グレープシードオイル(ちょっと高級ですが…)とかも合います。

ブロッコリーはゆでても良いですが、洗い物とか増えるの嫌なので、レンチンして時短です。

パプリカはあった方が良いですが、ない場合は、トマトとかでも代用が出来ると思います。

寿司酢を使うので、合わせ酢とか作る手間も省けて、楽ちんですよー。

 

他にもレシピが多数あります。

こちらにもどうぞ。

torezu-cook.jp

わかさぎも、お安くなりましたねー。

わかさぎ 【1kgわかさぎ/ワカサギ80~90尾】

価格:938円
(2015/11/25 12:28時点)
感想(13件)