読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

レシピ!ピンクのクリスマスケーキ

デコレーション失敗?でも美味しかった、ピンクのクリスマスケーキ!

またしても、デコレーションが失敗したんですが、

「でも、載せちゃう!だって、女の子だもん…(わかる人いるかな…)」

どうしても、私にとっての難関は、デコレーションなんですよね。

ケーキ作りで一番大変なのは、絶対にデコレーションですよ。

昔の漫画で「ミスター味っ子」なる漫画があるんですが、主人公がケーキを作るシーンがあって、苺大福からヒントを得て、苺と餡子をケーキのトップに飾る時、味王にこれでは駄目だと言われるんですが、その時主人公が「どうして?食べてもらえばわかるじゃない?確かに見栄えは悪いけど…」

そこで、「はっ!」と気付くわけですね。

デコレーションの大切さに。

味王曰く、「人はケーキを食べる時に、夢まで食べるのだ。」らしいです。

それくらい、デコレーションは大事というわけですね。

でもねぇ、デコレーションはセンスもありますから、一石一鳥にはいかないんですよね。

と言い訳をしても仕方がないですが、そのうち直るようになるかしらん?

家族には、今年のケーキに期待してもらうことにします。(笑)

 

それでは、レシピです!

f:id:torezu0:20151204104459j:plain

材料:(デコケーキ型21cm・1台分) 所要時間:90分

スポンジケーキ
卵 … 5個 グラニュー糖 … 100g 薄力粉 … 100g
バター … 40g    
苺クリーム
生クリーム … 400cc 砂糖 … 大3 苺 … 400g
デコレーション
粉ゼラチン … 3g 水 … 大1 苺 … 10~12個
飾り … お好みで    

 作り方:スポンジケーキ

  1. ボールに全卵を入れ、卵のこしを切るように軽く泡立てる。
  2. グラニュー糖を全て加え、ざらざらが見えなくなるまで泡立てる。
  3. そのままボールを湯せんにかけながら、しっかりと泡立て続ける。
  4. この間に、オーブンを170度に温め始める。
  5. 生地の中に指を入れてみて、ほのかに温かく感じたら湯せんを止める。
  6. 今度は生地がもったりとしてくるまで、しっかりと泡立てる。
  7. 最後は、2~3回泡立て器をぐるぐると回し、泡を引き締める。
  8. 先ほどの湯せんに使ったお湯を用い、バターを小さめの容器で湯せんにかけておく。
  9. もう一度ふるいながら、粉を2~3回に分けて加え、その都度さっくりと混ぜる。
  10. 全部混ぜ終えたら、完全に溶かしたバターをゴムベラを伝わせて流しいれる。
  11. 手早く底の方から大きく、切るように混ぜる。
  12. 用意した型の上から流しいれ、残った生地は火の通りやすい型の外側に入れる。
  13. 少し高い所から、バンバンと型を打ち付けて大きな気泡を取り除く。
  14. 170度のオーブンに入れ、30分程焼く。
  15. 中央に竹串をさして見て、生地が付いてこないようなら焼き上がり。
  16. すぐに型から外し、ケーキクーラーに乗せる。
  17. 大き目の鍋をケーキにかぶせ、乾かないようにしながら完全に冷ます。

 作り方:苺クリーム

  1. 生地を冷ましている間に、苺クリームを作る。
  2. 苺を適当な大きさに切り、フードプロセッサーにかける。
  3. 細かくなった苺を一度裏ごしし、ピューレを作る。
  4. ボールに生クリームと砂糖をいれ、6分立てくらいの柔らかいクリームを作る。
  5. 苺のピューレを生クリームに加え、良く混ぜ合わせる。
  6. 7分立てくらいのちょっと柔らかいクリームになるまで、良く泡立てる。

作り方:デコレーションして仕上げ

  1. 完全に冷めたケーキ生地を、厚さ半分にスライスする。
  2. 一枚の生地を回転台の上に乗せ、苺クリームの1/6量を乗せる。
  3. デコレーション用の苺を7~8個ほど残し、残りを薄切りにする。
  4. カットした苺を苺クリームの上に乗せ、さらにクリームの1/6量を乗せる。
  5. 苺クリームを平らにならし、もう一枚のケーキをそっとかぶせる。
  6. 残りのクリームの2/3量を上から一気に流し、パレットナイフで塗り伸ばす。
  7. まず上面のクリームを平らにしながら、余分なクリームを側面に落としていく。
  8. 側面はナイフを垂直に立ててケーキに当て、回転台の方を回してクリームを塗る。
  9. 上面はナイフを円の中心にそっと当て、こちらも回転台の方を回して塗 る。
  10. 残った苺クリームを泡立て、9分立てくらいの固めのクリームを作る。
  11. 絞り袋に丸口金をセットし、ケーキの中心から放射線状に絞っていく。
  12. ゼラチンを分量の水で5分ほどふやかし、電子レンジで30秒ほど加熱し、完全に溶かす。
  13. 残った苺を2~3個ほど残し、残りはピューレにする。
  14. 苺のピューレにゼラチン液を加え、良く混ぜ合わせる。
  15. クリームを絞った際に出来た中央の窪みに、苺ゼリーを流しいれる。
  16. そのまま冷蔵庫に入れ、30分ほど冷やし、クリームを落ち着かせる。
  17. 残った苺などで飾り付けて、完成!!

ケーキに塗るクリームは、7分立て。絞るクリームは9分立てくらいの固さにすると、作業もしやすいですし、見た目も良くなります。

 

他にレシピが多数あります。

こちらにも、ぜひ遊びに来て下さいね。

torezu-cook.jp

大理石タイプだと、包丁の傷がつかないのでお薦めです。

天然大理石回転台 【アウトレット】

価格:1,007円
(2015/12/4 10:46時点)
感想(184件)