読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

レシピ!クリスマスに!丸鶏のローストチキン!

丸鶏のシンプルなローストチキンは、作り方もとってもシンプル?

クリスマスになると食べたくなるローストチキン

骨付きの鶏モモ肉も美味しいけれど、豪華さというかゴージャス度合いは、丸鶏の方が大きいですよね。

ちょっと焼き時間が長いので、他の料理と並行して作る時には、いつも一日がかりの作業になってしまいますが…(; ・`д・´)

ただ…。

我が家では何故か不評。

問題は一つ!

食べづらいんだそうです。

確かに、切り分けて食べても、ちょっと食べづらいのは納得のいく所。

しかも、我が家ではこれ以外に、骨付き鶏モモ肉のローストチキンを出したり、ザンギを出したり、竹輪のぐるぐる巻きを出したりと、他の料理も出すせいで、皆がお腹いっぱいで食べられない!という事態に。(笑)

どうしても、パーティになると張り切り過ぎて、沢山作ってしまうんですよね。

なので、今年は、丸鶏のローストチキンを作るか、骨付き鶏モモ肉のローストチキンにするかの一択を迫られてます。

どちらにするべきか…。

To Be Or Not To Be…!

悩む所ですねー。

でも、一年に一度のクリスマスですし、沢山作りたいという気持ちはあるんですよね。

でもでも、今年は去年よりも、食べる人が一人少ない!

なので、やっぱりどちらかを諦めないといけないんだろうなぁ。

もしローストチキンを作るにしても、今年は違ったタイプが作りたい気もするし…。

沢山あって決められません…。( ;∀;)

それでは、ローストチキンのレシピです!

f:id:torezu0:20151206103546j:plain

材料:(6人分) 所要時間:120分

丸鶏 … 1羽分 塩 … 大3 レモン汁 … 大2
ローズマリー … 適量 サラダ油 … 適量 セロリ … 1/2本
玉ねぎ … 中1個 じゃがいも … 1個 人参 … 1/2本
こしょう … 大1 アルミホイル … 適量 タコ糸 … 適量

作り方:

  1. オーブンを250度に温め始める。
  2. 丸鶏を水で洗い、中身もキレイに洗っておく。
  3. レモン汁を手に取り、外側と中身にこすりつけるようにする。
  4. 塩こしょうも手に取り、同じように中身と外側にすりつけるようにする。
  5. サラダ油を刷毛に取り、全体にまんべんなく塗る。
  6. 後ろ足をタコ糸でしばっておく。
  7. 玉ねぎを半分にカットし、天板全体に散らす。
  8. セロリとニンジンも乱切りにし、天板に散らす。
  9. 中央にローズマリーを乗せ、さらに上に丸鶏を置く。
  10. 鶏にアルミホイルをかぶせ、250度のオーブンで90分焼く。
  11. 完成!!

最後の20分は、焼き色を付けるため、ホイルを外して焼いてください。

 

他にもレシピが多数あります。

こちらにも、ぜひ遊びに来て下さい。

torezu-cook.jp

作るのが面倒な方は、こういうのもありかなと思いますよー。

国産若鶏使用まるごと美味しい特製ローストチキン

価格:3,480円
(2015/12/6 10:38時点)
感想(200件)