読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

「新しい15匹のネズミのフライ」を読みました。

読書

久しぶりの読書は、やっぱり島田荘司さんで!

f:id:torezu0:20160106104737j:plain

年末に図書館で予約していた「新しい15匹のネズミのフライ」

ワトソンの冒険とあって、ピンと来た方は、ミステリー好きですね。(笑)

そう、シャーロック・ホームズの相棒!

ジョン・ワトソンの物語です。

軍医として働いていたワトソンが、ひょんなことから、同居を始めたホームズの冒険譚という感じですね。

中の逸話を読んで、「あれ?これってもしかして、前に読んだことあったっけ?」と思いましたが、ホームズの作品でも有名な逸話が載っていたんですね。

ただ、ラストまで読んだら、「やっぱり読んだことがない作品だった。」と思いました。

もしかしたら、QEDシリーズとか他の作品で、この赤毛の話は読んだことがあったのかも知れません。

でも、未然に防いだと思ったのもつかの間。

そこからが本題でした。

ワトソンが思いを寄せていた兄嫁のヴァイオレット。

彼女が失踪したと聞き、ワトソンは助けに行きます。

そもそもの発端は、彼女の両親から、ワトソン宛てに届いた頼りが原因でした。

本当はホームズがいれば、すぐに解けた謎かもしれませんが、ホームズは、ある薬物中毒により、入院中。

無事彼女とその両親を助け出したワトソンでしたが、事件はそれで終わりません。

脱獄犯が、どうやって脱獄をしたのか?

これがわからないと、警察はまた脱獄を許してしまう。

そこで、ようやくホームズの出番に。

でも、ある紅茶を飲んだことで、またホームズの病気が再発。

眠りに落ちる前に、ワトソンに頼んだことで、事件は収束を迎えます。

「15匹のネズミのフライ」とは、一体何のことなのか?

ただ、最後まで読み終わっても、何だかすっきりしませんでした。

ラストが爽やかだっただけに、何故なのかはわかりませんが…。

歌がキーになるという話は、横溝正史さんの「悪魔の手鞠唄」を連想しましたね。

ホームズとワトソンの関係って、すごく良い関係だなぁと思います。

見ず知らずの人とルームメイトになって、お互いが信頼を寄せ合って。

ホームズが麻薬中毒であったことは、周知の事実ですが、今回はそれが作用して、結局はホームズの冒険譚ではなく、ワトソンの冒険譚になってました。

ワトソンが、いい加減に書いた物語が、ヒットしたという話では、ホームズは「そういうものだよ。」と諭します。

結局は、ワトソンは、本当に欲しかった物は手に入らなかったわけですが、それが読んだ後のもやもや感の原因かも知れませんね。

あとがきでは、ワトソンのその後が書かれていますが、映画にもなったホームズとワトソンの冒険譚。

今回は、何だか新鮮さを感じました。

ただ、引っ張った割には、ネズミのフライがね…

ちょっと物足りなさを感じました。

でもでも、すごく面白い作品でした~。(*´ω`*)

後は、明日までに、東野圭吾さんの「人魚の眠る家」も読む予定なので、今夜は久しぶりに夜更かししそうです。w

 

アマゾンでも買えますよー。