読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

東野圭吾の「パラドックス13」を読みました。

 昨日は、久しぶりに読書をしました。

そう言えば、こちらのブログの更新も久しぶりですね。

個人的に忙しくしていて、やっと更新出来ました。

今回読んだ本は、東野圭吾さんの「パラドックス13」

さて、本ですが、厚い本だったので、読み終えるまで3時間。

やっぱり、ライトノベルよりも、文字数がありますねー。

で、読んだ感想ですが…。

うーん、いまいち。

途中で、何故この世界に迷い込んだかが、何となくわかってしまったので。

というのも、パラドックスのタイトルと、途中まで読んだら、「そういうことだろうなぁ」みたいに、予想が付いちゃいました。

多分、昔良くゲームやライトノベルとか、漫画とか、そういうので、パラドクスを暑かった本を読んでいたせいでしょうね。

でも、最後まで読んで、ラストは爽やかだったと思います。

並行世界での暮らしは、かなり大変そうで、自然災害は、やっぱり怖いなぁと思いましたね。

最後まで、救いがないお話かと思ったら、パラドックスの世界から現実の世界に戻る方法が提示されたので、そこは良かったです。

でも、元の世界に戻るには、ある条件が必要で。

その条件は、迷い込んだ時と同じ。

条件を満たすことが可能なのかな?と、ラストはドキドキしながら読みました。

個性的なキャラが多くて、飽きずに読み終えました。

13秒の世界。

私達が何気なく過ごしている、13秒間。

その数秒が、この並行世界を産んだのだと思ったら、本当にあり得そうで、ある意味怖い話です。

最初に、時間指定をされて、その間、危険な行動を避けろと上司の命令があったのは、こういうことだったんだ。と、最後の最後でわかりました。

並行世界を扱った本は、数あれど。

ちょっと新鮮な切り口で、揺り戻しとかの所も、なるほどなぁと思いました。

本当に起きてしまったら、並行世界で生きていけるのか?

もしくは、元の世界に戻ることが出来るのか?

地震などの災害の時の参考にもなる本だと思います。

途中で、死んでしまう人の中には、生前悪いことをしたわけではなくて、たまたま運が悪かった人もいて。

でも、自分から死を選んでしまう人もいて。

リーダー的存在だった、お兄さん。

兄と比べられて、コンプレックスを持っていた弟さん。

でも、最後の最後で、わかりあうことが出来て。

辛い死ではありましたが、それでも、兄弟がわかりあえることが出来て。

ラストは、本当に爽やかでした。

希望を持てるというのは、現実にこの世界で生きているからなんでしょうね。

久しぶりの読書は、楽しかったです。

今度は、また読む時間が取れそうなら、違う本を読んでみたいですね。