読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

東野圭吾さんの「聖女の救済」を読みました。

ミステリー 読書

一昨日の夜、聖女の救済を読み終えました。

またまた、東野圭吾さんの小説で、ガリレオシリーズです。

 聖女の救済

 

基本的に、草薙刑事シリーズと言っても良いと思います。

子供が産めないからと、さよなら宣言をされた女性達と、身勝手な?男性のお話です。

男性の過去を知ると、仕方ない部分もあるかもしれませんが、肉体関係を持っておきながら、子供が産めないからと、捨てて行く男性。

これを良しとできるかどうかは、難しい所です。

このお話では、草薙刑事に春が…。

普段の草薙刑事とは違うと、同僚の女性刑事が心配して、ガリレオさんに相談をします。

トリックは、単純に見えて、ガリレオさんでも「あり得ない」とつぶやきます。

そして、「完全犯罪だ。」とも。

でも、そのトリックは、ある所に盲点がありました。

それは、容疑者に少なからず心を寄せた草薙さんの、ある行為が焦点になります。

もっと言えば、如雨露を買ってきて、ベランダの花に水をあげていた、草薙さんの行為ですね。

これがなければ、本当に完全犯罪で終わる話だったと思います。

加害者は、殺人犯ではありますが、本当の加害者は誰だったんだろう?と、ラストを迎えても何だかもやもや感が残りましたね。

話自体は面白かったんですが、色々な女性がターゲットになっていて、その中には自殺した人も。

私は恋愛には疎いので、その間に感じる様々な感情などは、余り想像もつきませんが、きっと死ぬほど苦しかったんでしょうね。

久々のガリレオシリーズでしたが、長さは感じませんでした。

これで、全部の借りた本を読み終えたので、今日返しに行こうかと思っていたんですが、今日は静岡から弟が帰ってくるので、迎えに行かないといけないので、明日返しに行きます。

今度は、どんな本を借りて来ようかな?(*´ω`*)