読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

東野圭吾さんの「夜明けの街で」を読みました。

一昨日の夜に、東野圭吾さんの「夜明けの街で」を読み終えました。

夜明けの街で (角川文庫) w

 

ストーリーは、不倫した男性のお話。

自分には、幸せな家族がいて、それを壊したくないと思いながらも、不倫の魔力と言うか魅力に惹きつけられ、クリスマスイブにも愛人といたいと願う主人公。

奥さんにばれないように、逢瀬を重ねて、時には、仕事仲間の助けも借りて、不倫を続ける主人公ですが、ヒロインは、ある事件に関わりがあったんですね。

●月●日に、全てを話すというヒロイン。

それは、ある事件の時効になる日でもあり。

15年間、事件を追い続ける刑事との出会い。

バーを切り盛りする、ヒロインとの叔母の出会い。

そして、事件の被害者の妹もまた、事件を追っていました。

審判の日。

ヒロインは、意外な事実を口にします。

それは、今までの考えを覆す、真実でした。

不倫というのは、本人達だけでなく、本人達の家族まで壊してしまう。

最後には、ヒロインとの不倫も終わりになりますが、クリスマスイブの人形は、無残に壊されていて…。

巻末には、不倫を止めつつ、そして、アリバイ作りの手助けをしてくれた、ある男性の話が載っています。

これを読むと、「ああ、なるほど。ここで不倫はダメだと言ったのは、こういう事実ががあったからなんだ。」と納得です。

途中途中に入る、伏線も面白かったですね。

これを読んで思ったのは、「不倫はダメ!絶対!」でした。

幸せに別れることが出来たのは、ヒロインのお陰でしょうね。

最初から、はたまた途中から、ヒロインは演技を止めてしまったのかも?

不倫を扱っているのに、ラストは爽やかでした。

DVDにもなってるみたいですが、私は映画よりも読書が好きなので、見ないことにします。(笑)

やっぱり、読書は良いですねー。

今日は、また本を借りて来たので、二週間かけて、じっくり読もうと思います。