読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

七尾 与史さんの「沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち」を読みました。

昨夜は、七尾与史さんの「沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち」を読みました。

タイトルに惹かれて、借りてきたんですが、中身はライトノベルみたいで、読みやすかった反面、何だか物足りなさを感じた作品でした。

 沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち

 

ちなみに、沈没というのは「堕落したバックパッカー」みたいな意味のスラングで。

カオスすぎるというのは、「めちゃくちゃ」みたいな意味のネットのスラングらしいです。

私は読み終えてから、この意味を知ったので、なるほどなぁと思いましたが、もしタイトルの意味が最初からわかっていたら、中身を推測できる方もいらっしゃるかもです。

タイのホテルに在住している日本人達の生活のお話になりますが、まず、ある殺人事件が起きてしまい、犯人がわからないという事態に。

日本だと問題になりますが、タイだったせいか、外国人の死には余り警察も動いてくれないということで、話だけが広まり、犯人は見つからず。

バックパッカー御用達のホテル「ミカド」に住んでいる日本人は、主人公の「一橋さん」を筆頭に、面倒見が良くて元記者の「ロクさん」、愛玩動物を食べるのが好きな通称「チワワさん」、麻薬中毒の「斎藤さん」、アングラに精通したPCオタクの「マイコンさん」、ゴルゴ13を意識したのか強面の「ゴルゴさん」そして、紅一点。とは言っても、ミカドには済んでいない「春奈さん」

タイでは、街頭で配られているティッシュに、顔写真入りで、殺人犯の顔が描かれているんですが、今回はこのティッシュが、重要な役割を持ってきます。

そのうちに、「小林さん」という新メンバーも加わり、賑やかな感じになったミカドホテルの生活ですが…。

ある時に、マイコンさんが「Before After」という医学的に整形が出来るというソフトを手に入れて、皆に披露したことから、事件は始まります。

このソフトのすごい所は、写した顔写真から、医学的に整形するとどうなるのかを検討出来る所で、もっとすごい所は、整形した顔写真を元に戻すとどうなるのかがわかる所。

でも、そんな時、マイコンさんが、突然殺されてしまい。

ただ一つ残っていたパソコンから、フィガロという人物とコンタクトを取ろうとした所、犯人に先回りされて、フィガロさんは、ダイイングメッセージを残して無くなってしまいます。

でも、一橋さんは、そのメッセージとソフトの共通性を見つけ、自分で顔写真を使って、犯人を割り出そうと試みて、出来上がった顔は、何と!あの人だった…!

最後は、窮地を脱して、日本に帰ってくる一橋さん。

ラストは爽やかで、結果的にオーライ!みたいな感じで終わります。

飲んだ指輪が…のラストは、ちょっとあれでしたが、コメディタッチで終わるのが良かったですね。

今夜は、下町ロケットを読むつもりです。

さて、今日も頑張ろう!(*´ω`*)