読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

藤堂 志津子さんの「男の始末」を読みました。

「男の始末」の意外なラストとタイトルの意味とは?

今日は鍋物にしたので、夕食の支度がすぐに終わり、時間もあいたので、久しぶりに読書の時間が持てました。

夜は作業があるので、いつもなかなか読書の機会がなかったんですが、読書はやっぱり楽しいものですね。

全部で1時間半くらいで読み終えることが出来るくらい、読みやすくて、長さを感じない作品でした~。

 

 男運がないと思っていたヒロインの過去の結婚話と、息子や娘の結婚運のなさがヒロインの確執ともなり、後ろめたい過去の現れ。

母の桐さんも、女手一つで娘や孫を育て上げた、女偉丈夫という感じ。

そんな中、ヒロインがある男と同居をすることに、最初はまじめな相手だと思っていたのが、あることがきっかけで、男の本性を知ります。

男は、おばあさんの遺産目当てに近づき、ヒロインには、女関係で隠し事をしており、でも、ヒロインとはお金なしには別れてくれなくて。

娘は、三度父親を変え、三度子供を産みますが、ある男性とまた結婚の話が出てきて、息子も二度ほど女関係で失敗しますが、最後には不思議な魅力がある女性と結婚して、子供を産もうかと言う話に。

ヒロインは、主婦として暮らしていましたが、ある時同級生のことを思い出し、地元に引っ越してきたことを知り、陰ながら応援しようとします。

というのは、その同級生は、脳に障害を持っており、兄はその弟を介護するために、家も地位も家族も失い、それを助けるために、ヒロインがホームヘルパーまがいのことをして、でも、それを認めてくれた同級生。

そんなヒロインは、人生で初めて充足感を得ます。

ただ、一つの問題は、同居していた男性のこと。

これを何とかしたいと思い、母の桐さんに相談すると、母は私に任せてくれ。と言ってくれます。

そこで初めて、ヒロインは母が犯した罪と、自分を救ってくれるただ一つの方法を耳にします。

最後まで読んで、ようやくタイトルの意味がわかりましたね。

最初は、どこにでもあるありふれたストーリーかと思いきや、ただの色恋沙汰で終わらなかったのが面白かったですね。

私の好きなミステリーのジャンルに良く似ている気がします。

でも、結局電話の主がわからなかったかな?

母が図書館で本を借りてきているみたいで、私も以前は図書館に良く通っていたんですが、最近はとんと御無沙汰していて、母が借りてきた本を読ませてもらってます。

今回はタイトルが面白そうだったので読みましたが、最後まで読んで、やっとすっきりしました。

ご飯の後、お風呂に入ってから、残りを読んだのは、途中まで読んで、続きが気になって仕方なくなったんですよね。

本って、続きを読まないでは、寝られないんですよ。(笑)

だからでしょうか?

本を読むと、眼が冴えるのは…。(; ・`д・´)

今夜は時間がたっぷりあるので、作業に没頭します。

でも読んでみて良かったなぁ。

ラストが、すごく感動的でした。

母は強し!という奴ですね。

もっとも、そんなに褒められるようなことはしていないというか、どちらかと言うと、犯罪者ではありますが…。

久しぶりの読書体験は、良かったですねー。

今やってる作業が終わったら、また図書館でも行ってみようかな?(*´ω`*)

 

こちらでも買えますよー。

男の始末 [ 藤堂志津子 ]

価格:586円
(2015/11/14 21:11時点)
感想(1件)