読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

井上 荒野さんの「キャベツ炒めに捧ぐ」を読みました。

読書 日々徒然

昨夜は、井上荒野さんの「キャベツ炒めに捧ぐ」を読み終えました。

タイトルに惹かれて借りてきたんですが、内容もすっごく面白かったです。

以下に感想を少しばかり。

キャベツ炒めに捧ぐ 

 

 まず、舞台は「ここ家」という総菜屋さんです。

江子さんと麻津子さん、郁子さんの三人で、惣菜屋さんを切り盛りしていくのですが、江子さん曰く、「江子=来る」「麻津子=待つ」「郁子=行く」の三人の名前が、偶然とはいえないほど、おかしいと語ります。

まぁ、本人もおっしゃってますが、来るには、無理がありますけども。(笑)

それぞれ三人には、結婚してから分かれた江子さん、家族に死に別れた郁子さん、結婚してしまった男性に思いを寄せる麻津子さん。

それに、新しく米を運ぶ、ちょっと若めの男性の「進=進む」さんも加わり、本当に偶然の一致で、賑やかな4人のストーリーが語られます。

とにかく、美味しそうな惣菜が出て来るので、料理好きな私としては、楽しく読むことが出来ました。

恋愛話もあるんですが、重々しい感じは一切なくて、とにかく、楽しい小説です。

本当にありそうな日常という感じでしょうか。

それぞれ三人には、癖みたいなのがあって、個性が立っているキャラクターで、感情移入しやすいです。

最後には、結婚も控え、大団円という感じですね。

とにかく、読みやすくて、楽しい小説でした~。(*´ω`*)

タイトルに惹かれて、借りてきて大正解!

次回は、これまたタイトルに惹かれて借りてきた、「6枚のトンカツ」でも読もうかな。