読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書新聞:読書ってスパイシー!

読書のブログに変更となりました。読んだ本の感想を載せています。

読書感想や、毎日の徒然を語っていきます。ツイッターもよろしくお願いします。

レシピ!秋刀魚の蒲焼丼・おろし乗せ

ウナギのかば焼きって、美味しいですけど、お高いですよね?

しかも、安いのは中国産で、何だか泥くさかったり。

そんなこともあってか、我が家では、毎年秋刀魚の時期が来ると、蒲焼丼を作ります。

サンマを三枚におろすのがちょっと面倒ですが、そんな時には、スーパーの鮮魚担当の方にお願いすると、三枚におろしてくれたりするので、恥ずかしがらずに頼んでみましょう!

ただ、私個人としては、安いサンマを買って、それをさばいてくれと言うのが、ちょっと恥ずかしかったりもしますが…。

でも、頭とか内臓を取ってくれるだけでも、生ゴミが減りますよね?

ですので、言ってみて駄目なら仕方ないですが、大抵のスーパーではやってくれますので、試してみて下さい。

で、今回のレシピですが、秋刀魚のかば焼きに、大根おろしを乗せてみました。

蒲焼って、ちょっとくどい味付けになりがちですが、おろしを乗せることによって、さっぱりといただけます。

旬のサンマを使って、ぜひ、秋刀魚の蒲焼を。

もっと言うなら、こちらのレシピを、ぜひ試してみて下さい。

 

それでは、レシピです。

f:id:torezu0:20151003111346j:plain

材料:(2人分) 所要時間:15分

秋刀魚の蒲焼
ご飯…人数分 秋刀魚…3尾 生姜…1かけ
薄力粉…1カップ弱 大根おろし…150gほど  
たれ
醤油…大2 砂糖…小2 みりん…大4

作り方:

  1. 秋刀魚の頭と内臓を取り、三枚におろしたら、薄切りの生姜と混ぜて、しばらく置く。
    (生姜で臭みがだいぶ抜けます。)
  2. ZIPロックの袋などに薄力粉を入れ、秋刀魚も加え、蓋をして、手でゆすって全体に粉をまぶす。
  3. フライパンに油(分量外)を2~3cmの厚さにひき、秋刀魚を皮目から、揚げ焼きする。
  4. 箸で軽く持ち上げてみて、身が崩れない程度になって、焼き色が付いたらひっくり返して焼く。
  5. 両面に焼き色が付いたら、取り出す。
  6. 大根は青い部分を使い、皮をむいて、大根おろしを作る。
  7. 綺麗なフライパンに、<たれ>の材料を入れ、弱火で煮たたせる。
  8. 焦げないように注意しながら、秋刀魚にタレを絡め、全体に絡んだらOK。
  9. ご飯を器に盛り付け、秋刀魚と大根おろしを添えていただく。
  10. 完成!!

くれぐれも、たれが焦げないように気を付けて下さいね。

また、身が崩れないように、油で揚げる時には、外側がある程度固まってから、箸などでひっくり返すようにして下さい。

 

 

2人分のレシピとなってますので、一人の方は、量を半分に減らして、4人分なら分量を倍にして下さい。

くれぐれもたれが焦げないようにだけ、注意して下さいね。

それでは、秋刀魚の蒲焼丼・おろし乗せのレシピでしたー。(*´ω`*)